ビンゴガードビンゴガードマーク
ビンゴ式情報伝達メソッド

 ビンゴ式情報伝達メソッドとは、ビンゴゲーム特有の“ひとより早く揃えたい”という欲求を利用し「自ら気付いて、開ける」という行動をすることで、話の内容や言葉に集中させ、思考させる環境をつくりだし、受動的なリスナーを、能動的な参加者へと変化させることができます。

 開けるという行動が伴う部分には、セミナー内容や商品説明において、知って欲しい、伝えたい、理解を深めたい重要なキーワードを用います。

 それらの言葉は、聞いて、見て、触れて、開けるというアクションが伴っているので、より強い記憶のフックになります。

 こられの五感を用いた行動をすることで、話術に頼らずとも、パワポ資料を作り込まずとも、

視覚と感覚で、情報を伝え、深い記憶となり、
要約された資料で復習でき
手元に残しておきたい資料になります

ビンゴ式情報伝達メソッド

これが五感に伝わるビンゴ式情報伝達メソッドです。
伝えたいものに合わせて、オリジナルビンゴの制作を承っております。お気軽にお問い合わせください。